日本対ヨルダンの感想 2013.3.26

日本対ヨルダンの感想 2013.3.26
[`evernote` not found]
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに代表戦を観れたので、素人なりに勝手な考察と感想なんかを書いていきます。








勝てばワールドカップ出場が決まる大一番。
アウェイでの試合です。

しかし今回の相手は曲者ヨルダン。
各選手は詳しく知らないけど、
自国で1.5倍の強さになる中東特有のホームドーピングは今回も健在でした。



日本は、本田と長友の日本のストロングポイントの2人が欠場。

トップ下の本田の位置に香川が入り、いつもいる左サイドには清武が入ってる模様。
憲剛くんがトップ下に入るかと思ってたけど違ったようです。

あとは左サイドバック。
普段は長友無双ですが、今回は酒井高徳。
クロスの精度では長友を上回る印象。
あと、個人的にクロスボールの質が好きです。



試合



やっぱりというか、予想以上にヨルダンは前掛かり。
スピードあるプレスで高い位置でボールを奪いに来ます。

センターバックや日本の武器であるサイドバックへのプレッシャーもサボらないので、日本はなかなかボールが落ち着きません。


それでも、日本は左サイドを中心にプレスをかいくぐり、何度かチャンスを作りますが、
チームでというより、(個々のスキル+ヨルダンのプレス下手+ラッキー)って感じ。
全体的にはチグハグした印象です。

まあ、ヨルダンもつなぎに苦労してたから、ピッチコンディションの悪さもあって、両チームともボールが落ち着かない展開でした。




攻めに関して、本田がいない分、香川・前田・清武で落ち着かせたいけど、やっぱり難しい。
この時に「やっぱり本田って必要やなぁ・・・」と思ったのは私だけではないはず!


本来なら本田がいなくても、その他の選手の能力を考えると問題ないはずなんだけど、全然落ち着かない。




で、私が思う落ち着かない原因は、
ズバリ、右サイドバックに入ってる「皆のアイドル」ウッチー。

彼は守備にまわると極めて凡庸。
しかし、攻めに加わるとビルドアップ、クロス、攻め上がりのタイミング、容姿などが優秀なサイドバックです。
これらはおそらく日本人ではNo.1かと。

この試合で、その彼が攻め上がらないことで組立に穴があいた感じでした。




彼が上がれなかった理由は明白。


ヨルダンの左サイドに張ってる選手。
右サイドで展開しても、必ず一人を左サイド(日本から見れば右サイド)に張ってる状況を作ってました。

このケアにウッチーは追われ、
さらに前でボールが落ち着かないので上がれない!
組立に参加しようにもできん!
どないしよう!

ウッチーにしてみたら「アウアウア~(TдT)」ってとこです。


さらに、日本も左サイドで突破することが多く、ウッチーの前にいる岡崎もフィニッシャーとしてドンドン中央に絞ります。
これはこれで仕方ないというか、間違ってないんだけども、
ヨルダンの左サイドにボールが入った時、さすがの岡崎も戻りが間に合わず、ウッチーが1対1の状況を作らされてました。

長谷部がケアするけど、ウッチーを気にし過ぎると中央にスペースができるので「ウッチーガンバ!」って状態。
ちなみにその長谷部も、中央でズルズルと後退しちゃってるから、比較的すんなりバイタルエリアに運ばれてた。
危険危険。。。





さらに厄介なのが、頻繁に入れ替わったりして自由に動くヨルダンの両サイド。
意図的に数的優位を作り出してはウッチーを悩ませます。


アウアウア~(TдT)


これらが原因で、守備でも攻撃でもチグハグな負の連鎖に。
まあ、私の見解ですけどね。



そんなわけで、試合全体が落ち着かない&ヨルダンの速いプレッシャーにより、
なんとなくウッチーサイドからやられそうな感じになってきます。




こうなってくると、やられる前にやる!
って感じで、ウッチーサイドに残るヨルダン選手を無視して攻撃に参加することも選択肢としてはあるけど、
まだ序盤だし無理することはないよね。それよりも、失点するほうが展開としてはまずいよね。ってことで、そのまま前半も終わろうとします。




が、終了間際にコーナーキックからズドンと失点。


あの失点に関しては、ヘディングに合わせたキッカーのボールが絶妙すぎる。
日本はゾーンで守ってたのかな?飛び込みについていけなかったのはマズい。川島出れなかったか?っても思ったけど難しいかも。
それぐらい良いボール入れられましたね。






残念ながら、後半を0-1で行うことになった日本。
当然前掛かりになって、ウッチーも攻めに参加してきたところでようやく本来の日本のスタイルに。



ヨルダンは守ってカウンター。
1点をとるよりも、1点をとらせないマネジメントです。
全体の位置を下げます。


プレスのスタートは日本がハーフウェーラインを越えてからの発動へ。
FWのセンターバックへのプレッシャーも程々にして、効果的なポイントにボールを運ばせないことに重点をおきます。
まあ当たり前っていえば当たり前の作戦ですね。

ただ、これまでの試合のような「ベタ引き」とは若干違う。
隙あらばもう1点という気概が感じられます。



日本はウッチー解放&センターバックへのノンプレッシャーでイケイケになるはずなんだけど、なーんか危険な攻めができません。




んー、憲剛くんが入れてはいかがか?
と思った矢先に、ショートカウンターで酒井高徳と吉田がブッちぎられてあっさり失点。


あれは完全に吉田の判断ミスでしょう。
一番セーフティーにいかなければならない人が、ボールではなく相手に寄せにいっちゃった。



まさかと言っては失礼だが、やっぱりまさかの0-2。

ヤバイじゃん!どうすんの?
ってとこで、ようやく香川が得点。
清武のミラクルアシストからでした。



さらにアイドルウッチーが倒されてPK獲得。
さすが攻めさせたら仕事します。

でもでも、名人遠藤が失敗!
キーパーの読み勝ちでしたね。
コースも完璧だったのでキーパーのファインセーブでした。


終わってみれば、
日本 1-2 ヨルダン
で敗戦。



まあ、どんまい!




ハーフナー


私が一番期待してるFWのハーフナー。
期待理由は「サイズ」。


努力してもどうにもならないあのサイズにロマンを感じます。



今回も途中出場でしたが、前回見た時よりは貢献してました。
前回のようにウロウロが少なくなって、ターゲットっぽく振る舞えるようになってきた。

が、やっぱり前田と比べるとダメだ!
ポストプレーだけでも前田以上にならないとスタメンはキツイぜ!
前田が代表引退した後も!




レーザー


途中で、川島やPKの際の遠藤に対してレーザーが照射されてましたが、
アレどうにかしてほしい。

警備もザルなら、国民性も問題あるようで、やっぱアウェイは厳しいね!ってだけで終わっていいのか?

アレがなかったとしても結果は同じだろうし、選手や監督が言及する必要はないけど、協会として抗議してほしいとおもいます。
というかやるでしょ?




ゴン中山


あと解説陣に物申す!

今回はテレ朝中継で、解説は「酔いどれ松木&ゴン中山&ピッチ担当名波」。




特にゴン中山に言いたい。

解説に慣れてないのはわかるけど、松木さんと同じ目線だと居る意味がない!
特にふざけることを言うわけでもなく、松木さんらと同じ目線でした。
もっとふざけろ!

いや、ふざけるのはいかがなものか。


それでもこの前まで選手してたんだから、選手目線での考えをもっと視聴者に伝えるべきだろ!


テレ朝の中継に限らないんだけど、「もっと○○した方がいいですよ!」って言うバカタレ解説者がいるが、それ全然解説になってない。

昨日も、
松木「もっとねー、シュートシュート!これしかないですよ!そうだよね?名波さん?」
名波「そうですねー。ちょっと消極的なところがありますから、打つべきですね。」
ゴン「今のところも打ったほうが良かったですよね!スペースありましたから!もっと積極的にいってほしい。」

なんてことを繰り返してたが、私も同じように思いました。
おそらく多くの視聴者もその意見に同意したでしょう。


解説者の仕事は、なぜ彼ら(選手達)はシュートしないのか?できないのか?
考えられる理由を伝えるのが解説者の仕事だろ!

戦術なのか、メンタルなのか、技術の問題なのか。等々。

プロ次元の考えを、素人の視聴者向けに咀嚼して食わせんかい!



まあ、松木さんはサポーター代表なのでいいんですが、ゴン。
あんたはこの前まで選手だったんだから、選手の気持ちや思考、行動が一番わかるでしょ。
それをわかりやすく視聴者に伝えんかい!!


サポーターがチームを強くするなんてことを言いますが、その前に解説者がレベルを上げないと観る人も上がらんわ!



って思ったわけです。。


まあ、ゴンちゃん。頑張って!




最後は取り乱しましたが、以上で代表戦の感想は終わりです。



勝手なことばっかり書いてすみませんでした。
今後も勝手なことばかり書くレポートは続けます。


[`evernote` not found]
Pocket

Facebookコメント

コメントを残す