日本対中国

日本対中国
[`evernote` not found]
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参議院選挙と被ったサッカーの日本代表対中国代表戦。
テレ東の池上さんがイケイケで面白かったけど、2軍扱いとは言え日本代表戦もボチボチ観戦させて頂きました。

普段なかなか見ることができない選手もいて是非観たい試合。

今回も好き勝手書いていきます。
ちょっと内容忘れ始めてるけど(笑)




それはそうと池上さん。
やっぱおもしろいわw








さて、
「2軍」とは大変失礼な言い方ですが、現状初出場やあまり経験のない選手が選ばれたわけで、どう考えても「新戦力の発掘」って意味合いが大きいメンバー。

とは言え、日の丸が左胸に付いてる以上、「結果は二の次(´・ω・`)」では困るわけです。
新戦力の発掘という課題と並行して結果を追求してほしい。
個人的には、結果は二の次って試合は代表戦にはないと思ってます。はい。



自分たちの扱いや、置かれてる立場を選手たちが理解して臨むのは当然で、
単純に個の力のアピールだけでなく「いかにチームを勝たせる努力をしたか」ってのがポイントになりそうです。




新メンバー


今回Jリーグから選抜です。
普段Jリーグを観る機会ってなかなかなくて、サッカー番組やスポーツニュースなどでチラッとしか見てない。


Jリーグでは馴染みの人も自分にとっては新鮮な選手。その分チョー楽しみ。

逆に言えば先入観なく見れるからいいのかもしれません。




世間の一番の注目は柿谷。
もちろん知ってますが、1試合を通して観た記憶がない。

最近絶好調らしいのでこちらも楽しみです。


スタメンは、キーバー西川から柿谷まで、初招集&定着できてないフレッシュな選手たち。




どうでもいいけど、チームに一人以上金髪を置くのは日本代表の伝統なんか?



試合


試合ですが、
途中から観たけどすでに一点のビハインド。

栗原が倒してPK献上したみたいですね。
栗原は顔といい髪型といい、私と似てる気がするがそれは試合内容とは関係ない。



相手の中国はカンフーっぷりが酷いって私の中で話題でしたが、決してそんなことはなかった。
国家間では色々あるものの、見たところ酷いプレーもないし、スポーツとして正々堂々と戦ってました。


レベルはうーんって感じですけど、そこは13億と言われる人口。
その気になればすべての競技でトップを狙えると思うんだけどなー。

FIFAランキングでは100位ぐらいですか?
これで言うと格下ってことになるんですが、そんな中国とそこそこいい勝負をするあたりは連携や準備期間の不足、緊張などの表れでしょうか。




さてさて
試合が進むにつれて徐々に主導権を握り始める日本。

良い感じってわけではないけど、少しプレッシャーを強めると中国の選手がミスをするので自ずと主導権が握れます。


そんななかコーナーキックから栗原ヘッドの炸裂で1-1の同点へ。
中国はゾーンで守っててぽっかり空いた工藤が栗原に折り返した形です。
工藤が不思議なほどフリーになるあたりはやっぱり中国。




日本は連携などがイマイチなのは仕方ないけど、前線からのチェックが不十分だし連動しない。そして寄せきれない。
あと半歩~1歩相手にプレッシャーをかけるだけでもっと楽に試合が運べそうだけど、なかなかそれができないんだよね!




後半に入るとチェックが厳しくした日本。

その効果で中国はミスが目立つようになり、ラインもバラバラ。
間延びしはじめ、金狼高萩がぽっかり空くことも多くなりました。

こうなるとサイドバックを高くポジションをとってボランチもバイタルエリアまでドンドン進出出来そうだけど、なかなか厚みが付けられない。


その理由はサイドの連携不足と高萩の球離れの良さ。

でも連携不足はまあアレですし、高萩はワンタッチプレーを展開するので、選手間が近いといいけど上がりが追いつけねぇ。
これは特徴でもあるので仕方ないのかなと。





そんな中、天才柿谷がダイビングヘッド。
マキノのクロスも素晴らしいけど、ニアへの入り方も綺麗だった。


そして立て続けに工藤も得点で3-1に。


この辺りになると中国も集中力を切らし、疲れもあって守備ブロックが形成できない。
こりゃーボッコボコにして勝つな・・・って展開を予想してたら、全然崩せない。

両サイドバックの上がりも効果的じゃないし、中盤も散らすことをせず前へ前へで前線に当てるばかり。
おい、マキノ。さっきからお前のプレーに納得がいかん!

ボランチも高萩がキープできるからドンドン追い越して厚みを持たせることができればいいんだけどなー。



って思ってたら駒野のPK献上で3-2。
審判厳しいね。




そして終盤集中力を取り戻した中国がもう一点追加で3-3。
まさかのドロー。
うぇーい。



は?






天才柿谷


1得点1アシストとインパクトは残したとこなんかスター性がありますね。

天才と言われてるし、動画では観てたけど、実際はどうなの?って興味津々でみてました。
スーパープレイ集とかはいいとこ集めたものなんで参考にはならんのですが、実際みてもやっぱ上手い。

まあ1試合で何がわかるのって話ですが、まず工藤と相性が良さそう。
工藤もいい動きしてるように見えたし、岡崎のように走りで貢献できる選手なんですかね。

ただ柿谷は今回の試合をみたところスタメンはまだ難しいかと。


攻めに関しては期待できるけど、守備のチェックをサボりがち。

前田が選ばれてる理由の一つに前線からのチェックによる守備への貢献。
ここをザックが重要視してる以上、それをこなさないとね!
というかザックでなくても今はほとんどのチームで求められること。

メッシのようなスペシャル・ワンでない限りアレはないわ。


なんとかそこもこなして世界に羽ばたいてほしい。





個人的に気になった


選手で挙げれば、山口と高橋、工藤、高萩、柿谷はなかなか良かったのではないでしょうか。

特に高萩はなかなかいないタイプで面白かった。

引退したバレロン(スペイン)みたいな簡単に捌いてリズムをつくる印象?ちがうかな?
キープ力もあるしパスも正確。

運動量が未知数ですが、
どうだろう?彼をボランチで試してみては・・・?

遠藤の後継者になったりして?!




ディフェンス陣はマズかったですね。
統率出来てないし、寄せが甘いから簡単にクロス入れられすぎ。
栗原が酷いように見えたけど、それ以前に前からのチェックが弱いやろ。




あとマズい展開になるとザックの顎がシャクれる。







それはそうと、Jリーグほど毎年優勝予想が難しいリーグもなく、どこが優勝するかわからない世界一おもしろいリーグ戦がみれると思う。
だからもっと地上波のテレビで頻繁に中継してほしい。

今回のようにJリーグの選手にもスポットが当たるってことはそういう意味でも大きいですね。




[`evernote` not found]
Pocket

Facebookコメント

コメントを残す