問い合わせフォームに営業してくるバカはガリガリ君やるからあっち行け

問い合わせフォームに営業してくるバカはガリガリ君やるからあっち行け
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おうおう!
嫌いなんだよ。






私は整体師です。

営業の電話が時々掛かってきますが、暇な時は触りだけでも話を聞くようにしてます。
多くの同業者が、営業の相手は時間の無駄だと考えてるが私はそう捉えてない。
もちろん契約することはほとんどありませんが、集客のヒントや価格相場などを知れる場合がある。



そんななか、店舗ホームページの問い合わせフォームを利用して、営業の内容を入力する業者がたまにいます。



はっきり言って嫌いです。








おい。


どういう思考回路の結果そこに入力するのかわからないが、自分がしてることをもう一度考えた方がいい。
その脳みそがメロンパンでないなら。



お店にとっての問い合わせフォームって、
多くの場合、まだ利用したことがないけど、自分のニーズ(症状・悩み)に対応してくれるお店かどうかが気になる「一般の方」である。

もちろんお店側も、そんなお悩みにお答えできるよう貴重な窓口として機能させたい。
少しでも気軽に問い合わせて欲しい。
そんな思いがある。


そこに存在するのは、店舗の供給と世間の需要の真剣なコミュニケーションである。
場合によっては事前交渉の場といってもいいだろう。


硬苦しく言えばそんなスペースだ。




しかし、そこに「ホームページのリニューアルをしませんか?」と題し、中には「魅力的なサイトでお問い合わせフォームへの誘導を・・・」などを謳ってくる業者がいる。

はっきり言って、問い合わせフォームに場違いな入力をするバカな脳みそに、店側が求める本質を理解できてると思えない。

ひどい場合には予約フォームに適当な時間を入力して営業内容を入力するバカもいるから呆れてしまう。




どんなに素晴らしい提案をしていようが、その残念な感覚では絶対に仕事はお願いしない。
お前は自分の陰毛でも数えてろ。





なにも営業をしてくるなって話ではない。

営業の重要さは理解できる。
冒頭に書いたとおり私は営業の電話に関して寛大な方だ。
素晴らしい提案もあるんだろう。魅力的なサイトを構築する技術もノウハウも持ってるのかもしれない。



でもページの意味や価値を理解しない業者はダメだと言ってる。

そこに書いても営業とわかった時点で見ない。
そちらを認知したとしてもネガティブ認知でしかない。



聞いて欲しいなら電話してくればいい。忙しい時は断るし。
もしくはお店のアカウントにメールしてくればいい。
メールアドレスなんてその気になればわかるし、そもそもサイトに書いてある。


でも問い合わせフォームや予約フォームは別だ。

そこは営業が立ち入っていい場所ではない。





webのプロがwebサイトのTPOをわきまえないでどうする。

店舗にとっての問い合わせフォームや予約フォームの価値がわからない奴は、お店側のニーズもわからないと思う。
いやそう思われても仕方ない。
そんなやつに集客できるサイトが作れるわけがない。



どんな顔して入力してるのかわからないが、たぶん
。゚(゚´Д`゚)゚。アヘアヘ ←こんな感じだろ。どうせ。








繰り返す。

フォームの意味を理解しないバカには、顧客のニーズは絶対に理解できない。
つまり、お店側のニーズ。そしてその先にある「見込み客」のニーズを理解できない。
絶対にだ。





一言で言うと「失礼な振る舞い」である。

おい。
お前はハッピ着て葬式に来るようなものだ。
ソイヤ!ソイヤ!ƪ(•̃͡ε•̃͡)∫ʃ ってか?
やかましいわ。
場所をわきまえろよ。




どうせあれだろ。
電話コードをチンコに巻きつけて掛けてくるような態度とってんだろ。

失礼なやつだな。
バカにするのも大概にしろ。
コードに縛られてアレがモゲてしまえ!






以上。なんか腹たったから勢いで書いてみました。


こういう営業スタイルがスタンダードなのかどうか知らないけど、存在するってことは、ある程度効果が出てるってことでしょうか。
私は個人的に嫌いなんですが、そうではない人もたくさんいるということですかね。


私達の業界って、比較的webに疎い人が多く、
だからこそこの道のプロの業者って強い助けになります。




その反面、すべてお任せで作り効果のないサービスに高額な支払いをする場合もあります。

自分みたいなポンコツ整体師はいいとして、もっと真剣にお客様の身体と向かい合ってる先生方はたくさんいる。
そういう先生方の邪魔はしないでいただきたい。



我々お店側も、食い物にされないよう最低限の知識は身につけたほうが良いのかもしれませんね。




とにかく。
こんな営業スタイルは無くなってしまえ。









同じ気持ちの同業の皆様。
こんなもんでいかがでしょうか?




Pocket

Facebookコメント

コメントを残す